個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

① 大学入試改革の方向性と新たな動き

今回から3回にわたり大学受験の改革について見ていきたいと思います。

①大学受験改革の方向性と新たな動き

②大学のアドミッション・ポリシーに注目を

③英語資格試験活用の動き              の3テーマです。

新しいテストの導入は少し先の話ですが、個々の大学で実施されている入試については、この間の議論で示された方向性を踏まえ、各大学が早期の改革に取り組むことを促しています。ここでは、その方向性について再度確認するとともに、入試における変化を見ていきましょう。

*大学入試改革の方向性

現在、議論の中心の場である「高大接続システム改革会議」が2015年9月に公表した「中間まとめ」では、大学入学者選抜について「多様な背景を持つ受検者一人一人の能力や経験を多面的・総合的に評価するものに改革すること」「今後、各大学の入学者選抜方法を、『学力の三要素』を多面的・総合的に評価するものへと転換することが必要」と記されています。「学力の三要素」とは、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性・多様性・協働性)」を指します。従来の入試は、三要素のうち「知識・技能」が重視されてきた側面があり、多面的・総合的な評価になっていないことが指摘されています。今後は、三要素をいずれかに偏らず評価すること、そのために多様な選抜方法を実施すること、が一層求められていくことになりそうです。センター試験に代わり、「思考力・判断力・表現力」をより重視した「評価テスト」が導入されるのもそのためです。

こうした多面的・総合的な評価が重視される方向性が示されるなかで、2016年度入試ではこれまで一般入試のみの実施であった東京大学と京都大学が、それぞれ推薦入試、特色入試(推薦・AO等)を新たに導入しました。両大学とも、それぞれの入試の募集人員は入学定員のごく一部となっていますが、東京大学では「多様性」、京都大学では「最適なマッチング」を意識した入試とするとし、既存の入試に対する閉塞感から新たな入試の導入に踏み切った点は一致しています。

次回は、「②大学のアドミッション・ポリシーに注目を」をお届けします。

ガンバレ受験生 BY JJ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05