KGMARKS 神奈川本部校

honbu_mainv

ohno_h2

住所
秦野市鶴巻北1-1-9藤和シティコープ鶴巻温泉102
電話
0463-73-5710

cpt_mail

KGMARKSでは、対象を、鶴巻小学校・鶴巻中学校に通っているお子様のみに限定し、指導しております。KG の基本理念は「学習指導を通じての地域への貢献」です。
保護者の皆様が、安心してお子様を預けられるよう、安全で、通塾しやすい場所に教室はあります。また、通ってくる子どもた ちは単一小学校、中学校の生徒 さんだけですので、よりきめ細かい指導を行うことができます。
 保護者の皆様や子どもたち一人一人に感謝の気持ちを常に持ち、指導してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

ohno_img

いよいよ9月・・・・。

月日が経つのも早いもので、8月も今日で終わり、明日からは、9月となります。

小学校も、中学校も今週の月曜日から新学期が始まっています。夏休みモードもすっかり消え、落ち着いた季節になっていきます。

今月は、中学生は、月末に、2学期中間テスト、小5・小6生は、9月度模擬試験があります。夏休み中に勉強したことが無駄にならないよう、ここからスパートをかけていきましょう!!

自分たちも全力で君たちをサポートします!!

保護者面談

本日より、保護者面談を行っております。

子どもたちは、もうすぐ1学期が終了し、成績表を手にします。1学期間、学習してきたことの評価をそこで受けます。

私たちにとっての成績表は、この保護者面談だと思っております。

お子様たちの日頃の学習状況についてお話しすることはもちろんですが、この場で、親御様たちにお話を聞くことが自分にとっては、本当に大切なことになってきます。

親御様のご意見をお聞きし、今行っていることに対して確信が持つことができたり、また、逆に、ご意見をお聞きすることにより、修正点等を考えるきっかけになったり致します。自分にとっては、本当に大切な場です。

お忙しい中、教室まで足をお運びいただいた保護者のみなさま、ありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

 

夏期講習に向けて、我々スタッフも、なお、いっそうの熱意を持って、こどもたちとともに突き進んでいきたいと思っております。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

中間テストを終えて・・・

中学生は、新学年を迎えて、初めてのテストが終わりました。

結果を観て、子どもたち一人一人と話をし、それぞれの目標や勉強の仕方などを伝えました。

次の期末テストは6月20日から始まります。子どもたちは、それぞれ課題を持ち、勉強し始めています。明らかに、今までと変わってきたのは、みんなの質問です。

「先生、○○の科目が良く分からない。」と言っていた生徒が、

「先生、この問題は分かるのだけれど、この問題が分かりません。教えてください。」・・・

とこんなふうに変わってきました。勉強している証拠です。自分たちが、嬉しくなってくる瞬間でもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月は、小学生も、塾主催の中間テストがあります。

小5、小6は、それに加え、国語・算数・理科・社会の全国模試もあります。

中学生は、学校の定期テストと全国模試です。テスト月間となります。

暑い日が続きますが、それに負けず、一緒にがんばっていきましょう!!

 

※また、中学生は、授業終了後、授業アンケートを行っています。何か困っていることがあれば、必ずそれに記入してください。それをもとに、指導していきます。

新年明けましてましておめでとうございます

石ばしる 垂水の上の 早蕨の

萌えいづる春に なりにけるかも

-万葉集 志貴皇子-

初日の出

明けましておめでとうございます。

今年は、元旦から天気に恵まれ、とてもすがすがしい年が迎えられました。今年はなんだか良い1年になりそうな予感を感じさせてくれます。

さあ、2016年の始まりです。日々新しいことにチャレンジしていく1年にしていきたいと思っておりますので、本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

富士山

 

想うこと

「先生、こんなことを覚えて、将来何か役に立つんですか。」

よく子どもたちから発せられる言葉です。

「高校に受かるためには必要なのだから、我慢してやりなさい。」

と、つい、言ってしまいがちですが、本当はそれだけではないのです。ただし、その答えは、私たち指導する側が出すものではありません。子どもたち自身が考え、見つけ出すものなのです。習得した知識が、一つ一つの課題に対し、どう生かせるかを考え、自分だけではなく、周りの友達とも協力し合い、答えを導き出すことがこれからの学習になってきます。社会に出れば、必ず周りと協力し合い、一つの仕事を成し遂げていくことになります。

私たちは、そんな前向きな姿勢を持った子どもたちとともに、いっしょになって学習していきたいと思っています。

 

《これからの学習で必要なこと》

1.志を持つこと。

2.  自ら課題を見つけ、自らの力で解決すること。また、友達と協力してその課題   を解決すること。

3.習得した知識を使えるようになるまでトレーニングすること。

4.間違えを恐れずに、実践すること。

以上のことを子どもたちに身につけてもらうため、私たちは、「教える」ことを「teach」するだけにとどまらず、「coach」することに力を入れていきますので、今後ともよろしくお願いします。

《お知らせ》下記の日程で保護者会を実施します。

◆日時:10月4日(日) 10:00~11:30

◆内容:大学入試変革に伴う、小・中学生の学習の取り組み方

塾生の親御様だけでなく、外部の方も参加できますので、ご興味のある方は、お電話ください。

お問い合わせは  0463(73)5710(石川まで)

 

 

あれから一週間…

公立入試→合格発表という嵐のような日々が過ぎ去り、一週間が経ちました。開示した点数を報告しに来てくれた子たちの様子を見ると、さわやかな表情がうかがえ、高校生活への希望に満ちていることがわかり、この仕事をやっていて良かったなと実感します。
合格体験記に以下のようなこと書いてくれた子がいました。

私の友達が「仲の良い子と受けてみんなで公立高校合格っていうのは厳しいね。」と言っていて、以前だったらそうは思わなかったかもしれませんが、合否が分かった今はその通りだと思います。
私はこの高校受験で思うようにいかない事もあるというのを学びました。

みなさんの人生において高校受験は単なる一通過点に過ぎません。もちろん結果にこだわることは必要なことですが、より重要なことは教科書に書いてあること以上のことを学べたかです。みんなは精一杯の努力をした結果として、運よく合格することができました。こうした経験から、支えてくれた家族への感謝の気持ちや他者への思いやりの大切さを感じてくれたなと思います。
…と書いているとお説教みたいになってしまうのでこのあたりでやめておきます。

KG2期生のみなさん、合格おめでとう!!
これからの活躍に期待します!!

2015030714140000

新緑の季節

新緑の季節1

季節は5月。新緑の美しい季節となりました。外では、つつじが美しく咲き誇っています。

教室は、5月5日まで、休講となっておりますが、みんなは、GWの課題は進んでいますか。5月は、小学生は、5月度模試、中学生は、志望校判定テスト学校の定期テストが待ち受けています。この休みの期間にがっちりと基礎力を固めておいてください。

新緑の季節2

 

教室の前にある月桂樹も新芽を出し始めました。5月の明るい日差しを受け、すくすくと伸びていっています。

命あるものはすべて、成長していきます。皆さんも、そして、自分自身も・・。

5月6日(火)は、祝日ですが、平常授業は6日から開始です。

この月桂樹のように、新しい新芽を持った君たちを教室で待っています。

4月11日(金)授業報告

本日(4月11日)は、中1・2の授業がありました。

《本日の授業内容と宿題》

中1英語…教科書LESSON1GET3の単語と本文の内容と文法のbe動詞の否定文を学習しました。宿題は、テキストのp8-9です。

中1数学…四則計算の復習と分配法則を学習しました。宿題は、テキストのp.20-21です。

中2英語…教科書LESSON2USEの本文を半分と文法の復習をしました。宿題は、テキストのp.26-27です。

中2数学…等式の変形の復習と式による説明を学習しました。宿題は、テキストのp.22です。

《本日の子どもたちの様子》

 本日は、石川ではなく、私、露木が授業を担当させていただきました。どの子も授業前は、元気に話していますが授業が始まると私語もなく、真剣に取り組んでおり、メリハリの効いた良い雰囲気で勉強に臨めていました。中学生らしい元気さと学習の場の緊張感を保って、今後もみなさんと学びの場を創りましょう。

「学ぶ」ということ

 「学ぶ」ということは、自らの頭で考え、自らの力で身につけていくものです。

「真の実力」は、受動的な姿勢では、決して身につくものではありません。

 ただし、「学ぼう」という気持ちがせっかくあるにもかかわらず、なかなかこの習慣が身につかない方も多いのではないでしょうか。

 たった一人では、なかなか、この「学ぶ」という習慣は身につくものではありません。逆説的になってしまいますが、これも真理です。

 では、どうしたらよいのでしょう。

 人間は、他者からの助けがなくては完結できない存在です。

 人間の気持ちを動かすのは、他者です。他者とは、友達であったり、先生であったり、場所であったり、事件であったり、いろいろあると思います。

 しかし、一番、影響があるのは、友達であり、仲間だと思います。

 「学ぼう」と思っている子どもたちが集えば、子どもたちは、お互いに「化学反応」し合い、自分で考え、答えを導き出していってくれるようになります。

 大人は、とかく、子どもたちに答えをすぐに示してあげがちですが、これはいけません。子どもたちには自ら考える力、自らが答えを探し出す力がもともと備わっています。その芽を摘んではいけません。

 時間はかかるかもしれません。しかし、子どもたち、一人一人には、もともと備わっている能力なのです。必ず、開花します。

 私は、この塾をそんな、「学びの場」にしていきたいと望んでおります。

卒業

 本日、3月13日は公立中学の卒業式。

 中3生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業、おめでとうございます。

 これで義務教育は卒業、まだまだ、周りからの助けは必要な場合もあるでしょうが、これからは、一歩一歩、自分自身の考えで前に進んでいってください。つまずくことも、道に迷うこともあるかもしれません。立ち止まることもあるかもしれません。それでも、一歩一歩前に進んでください。必ずその先には、君たちが望むものがあるはずです。

 道に迷いそうなときや苦しくなったときは、KGMARKSに立ち寄ってください。私は必ずここにいますので・・・・。

 本日は、本当に、おめでとうございました。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05