KGMARKS 神奈川本部校

honbu_mainv

ohno_h2

住所
秦野市鶴巻北1-1-9藤和シティコープ鶴巻温泉102
電話
0463-73-5710

cpt_mail

KGMARKSでは、対象を、鶴巻小学校・鶴巻中学校に通っているお子様のみに限定し、指導しております。KG の基本理念は「学習指導を通じての地域への貢献」です。
保護者の皆様が、安心してお子様を預けられるよう、安全で、通塾しやすい場所に教室はあります。また、通ってくる子どもた ちは単一小学校、中学校の生徒 さんだけですので、よりきめ細かい指導を行うことができます。
 保護者の皆様や子どもたち一人一人に感謝の気持ちを常に持ち、指導してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

ohno_img

卒業生が在校生に送る言葉

本日、中3生の最終授業を行いました。入試終了後のこの一ヶ月間は、高校準備講座として、英語・数学の授業を行いました。

来週の月曜日、中3生たちは卒業を迎えます。本当におめでとう!!

君たちを教えることができたことを自分たちは誇りに思っています。実に楽しい3年間でした。

ありがとう!!また、保護者の皆様、当教室に、大切なお子様をお預けいただき、本当に感謝しております。厚く御礼申し上げます。

授業の最後に話したこと、しっかりと覚えといてください。自分が思い描いたことや獲得したい夢を実現するためには、それが獲得できるまで努力し続けることです。かなわない夢はありません。どんなに時間がかかっても、途中であきらめなければ。

 

在校生の皆さん!!彼らに書いてもらった作文をここに載せます。しっかりと読んで、卒業生からバトンを受け取ってください。

「受験を通して学んだこと」                             A君

夏休みが始まった頃、僕は去年の入試問題を解いてみました。しかし、問題の出し方や問題のレベルが普段行っている中学校の定期テストとは大きく違っていたため、今まで以上に低い点数になってしまいました。そこで、僕は、夏休み中にあった、塾の勉強合宿に参加しました。
合宿中、僕は今までにないくらい長い時間、勉強をしました。また、自分よりも学力の高い人たちを見て、もっと高い点数を取りたいと思うようになりました。僕はこの合宿で、自分が受験生なのだとはっきりと自覚しました。
夏休みが終わった頃には、長時間の勉強が苦にならない自分がいることに気がつきました。そして、模試の点数が上がるとともに自分の順位が上がっていくのを見て、成果が出てきていることを感じました。
そして、冬休み・・・。2度目の合宿に参加しました。塾全体で集まるイベントは、これが最後だったので、僕はベストを尽くして問題に集中しました。すると、驚いたことに、この合宿で、1位を取ることができました。このことは、自分にとって、入試に向けての大きな自信となりました。
冬期講習や合同授業を終え、入試本番を迎えました。実際の入試では、今までにやってきたことが支えとなり、自分の中では100%を出すことができました。結果もしっかりと出すことができたので、今までやってきて良かったと強く感じました。

僕は、夏休みから入試までの期間で、「入試に勝つためには、どれだけ早く受験モードに切り替えられるかで決まる」ということを学びました。来年受験を迎える人たちも、早めに受験モードに切り替えてほしいと思います。

 

「受験を通して学んだこと」              B君

自分がこの受験を通して学んだことは、努力をすれば、確実に力を付けることができるということです。
自分は、志望している高校に受かるための得点に届いていないのにも関わらず、最初は、全く努力をしませんでした。当然、模試の点数は上がりませんでした。しかし、そのときはまだ、難易も考えていないで、「どうでもいいや。」ぐらいにしか思っていませんでした。
しかし、冬期講習に入り、冬期模試が始まると、その結果で、塾の仲間に負けていることがくやしいと、そのとき、初めて思いました。その瞬間、「彼に勝ってやろう。」と決心し、努力し始めました。すると、それと同時に模試の点数がどんどんと上がっていきました。
「競争心」「努力」「継続」 これが、この受験を通して学んだことです。

努力すれば、必ず自分の行きたい行けると思います。これから受験を迎える皆さん、頑張ってください。

 

中3生のみんな、本当におめでとう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05