学心塾 旭校

asahi_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市河内517-6
電話
0463-34-5962

cpt_mail

 

 地域密着型進学塾の使命として、「解けるまで徹底的に!」をモットーに集団授業(知識の定着)→個別演習(反復練習)→指名補習(できるまで指導)と一人一人をしっかりサポートしてきます。解けることの楽しさ・喜びを私たち旭校の講師と一緒に体験しませんか?

ohno_img

空間図形と対角線と質問攻め・・・・

本当に空間図形が分からない生徒がおおい。

想像が出来ないということは

その図形の奥行きや書いてある図を展開することができない。

そう、言い換えれば空間把握能力が乏しいのだ。

非常にもったいない。

なんてことのない、三平方の定理と相似で求められる問題なのに

難しく考え込んでしまう。

そう、数学が出来ないのではなく、イメージすることが出来ないからである。

 

それを払拭させるためにいろいろと工夫して教えることにしている。

昨日書けなかった部分の追記です。

 

特に想像しにくい空間図形 円錐に紐や、線をかけたときの線の長さや

囲まれた面積の問題等々。

説明するために図形を組み立てて説明することにしています。

写真は円錐の模型です。

DSC_0926

 

側面に線を引いてあげてなんとか理解して帰っています。

ただし、これは先生達があなた達生徒たちに理解させるために作っている模型なので

君達生徒達は試験中に模型をつくるわけにはいかないので

絶対に作らないでくださいね。

それこそ、解けなくなってしまいます。

平面で想像する

それができるようになるための近道として私たちを使ってください。(模型目線)

空間を理解するということは、本当に難しい

でも、理解するために平面に置き換える想像力が養えれば

ここの問題を得点源に変えることができます。

想像することが得点を生む

数学の空間図形に迷っている生徒さん

是日、毎日質問しにきてください。

 

この円錐模型を作るために結構時間をかけたPでした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05