学心塾 旭校

asahi_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市河内517-6
電話
0463-34-5962

cpt_mail

 

 地域密着型進学塾の使命として、「解けるまで徹底的に!」をモットーに集団授業(知識の定着)→個別演習(反復練習)→指名補習(できるまで指導)と一人一人をしっかりサポートしてきます。解けることの楽しさ・喜びを私たち旭校の講師と一緒に体験しませんか?

ohno_img

来訪者

久しぶりに、S・A君が塾に来た。

もう高校2年生か・・・なんて話をしながら、しばし談笑。

直ぐに、大学受験の話に移る。

「先生、○○大学と、△△大学を考えているんですが・・・自分だけの勉強で取れるか不安で・・」

数学も理科も中学時代は良くできたのだが、高校に行って自分が井の中の蛙だったことに気づき

少し落胆しているとのこと。

「いやぁ、平塚の中学はレベル低いですよ・・・・高校へ行って回りの子たちのレベルの高さに、正直びっくりしました。

意識と学力に差がありすぎるって」

そんなことを言うS・Aに、私はこういった。

「高校受かってよかっただろ。そういう環境に身を置くという経験ができたじゃないか。最高だろ。」

そういうと、S・Aもそれはそうだといった風に、深く頷いていた。

その後は、数学の問題の質問・・・・

常用対数の問題だったのだが、底の変換公式から解を導くという発想がなかったらしく、久しぶりに対数に触れた私に解かれて

すこし、はぁあとため息をついていた。

中学時代から、数学はできなくなかったけれど自分で突破口を作る力は欠けていたから、少しずつでも自分で解く力と発想をつけて欲しいと思う。正直、高校の数学なんて教科書にやり方が載っている問題など、センター試験以外では不必要であり、考え方や教科書に書かれている内容を理解した上で、自分で解法を導き出す問題の方が圧倒的に多い。

「S・A、頭は常に柔らかくだよ。」

「分かってはいても、数学に攻め込まれているって思ってしまって中々進まないんです。中学の数学がいかに簡単だったか今になってわかります。レベルが違いすぎるって本当に思いますよ。」

確かに、中学と高校の数学のレベルの違いは相当なものがある。

まず、その分野の概念を教えぬまま、機械的にこうやって解けというやり方でしか教えない中学の教育現場から、高校の数学に移ったのだから、その差は当人がものすごく感じていると思う。

解き方を知っていればできたという問題は中学までで、高校では解けて当たり前。

解き方を知っていても、応用できなければ解けないというのが高校では当たり前。

2つ目の要素が加わった高校数学は、ちょっとやそっとじゃ解けるようにはならない。

「先生、今度また遊びにくるよ、少し元気でたし。また、成績の報告にくるね。」

そう、この代の意識が高かった子たちは皆、成績の報告に来る。

S・Aの高校の評定平均を見せてもらったのだが、すごく頑張っているのが伺える値だった。

がんばれ、S・A! くじけず、前を向いて目標に向かってひた走れ!

また、いい報告を待ってるよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05