学心塾 旭校

asahi_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市河内517-6
電話
0463-34-5962

cpt_mail

 

 地域密着型進学塾の使命として、「解けるまで徹底的に!」をモットーに集団授業(知識の定着)→個別演習(反復練習)→指名補習(できるまで指導)と一人一人をしっかりサポートしてきます。解けることの楽しさ・喜びを私たち旭校の講師と一緒に体験しませんか?

ohno_img

数学について②

さて、その塾の先生が何を私におっしゃったかというと

「理系のほうが楽だよ。」

えええええ!?

まさに青天の霹靂です。

あんなにつらくて拷問じみた学問ばかりの数学と理科ばっかりを勉強する理系が

楽なはずがないと思っていたからです。

その先生は続けました

「お前ら考えてもみろ、数学の公式や理科の法則のほとんどが

計算や考え方を楽したいから考えられたものじゃないか。だから理系のほうが

だらだらしたやつが多いし、楽してどうにかしようという考えのやつが行ったほうが

絶対に数学と理科に惹かれると思うぞ。」

 

当時の私には「楽して」とか「ぐだぐだ」とかいった類の言葉が大好きでした。

どうにか楽して生活したいという、本当に人として堕落した私が選んだ道が

高校に行って理系のコースにいく。

という、本当に安易な発想で決定しました。

そのため、高校も理系に強い学校を選ぶことに路線を変更しましたが

ここで、大きな落とし穴が待っていたのです。

そう、文系の学校が簡単というわけではないのですが

理系に強い高校が難関高ばかりだったという事実を、その時Pは初めてしりました。

今となっては分かることですが、それもそのはずです。

数学を嫌いと思っていたPは

がんばって理解しようと数学を中1から中3まで解きなおしていたのですが

まったく理解できませんでした。そんな中学レベルの数学も理解できない

Pが入れそうな理系の学校なんてほとんどありませんでした。

さらに、Pには内申点がほとんどありませんでしたから

私立高校のオープン入試を受けることに照準を定めていたので、

神奈川とはちがい私立の入試は本当に難関問題ばかりを解かなければなりません。

その土台になる部分を他の中学生は3年間で作るのに、Pは半年で作り上げるしかありませんでした。

根性だけはあるPはなんとかしてみせる!なぜなら高校いって楽するための理系に行きたいから!

という、邪な考えを胸に勉強をひたすらしていきました。

ここからPの巻き返しが始まるのですが。

それはまた次の回で!

P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05