学心塾 旭校

asahi_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市河内517-6
電話
0463-34-5962

cpt_mail

 

 地域密着型進学塾の使命として、「解けるまで徹底的に!」をモットーに集団授業(知識の定着)→個別演習(反復練習)→指名補習(できるまで指導)と一人一人をしっかりサポートしてきます。解けることの楽しさ・喜びを私たち旭校の講師と一緒に体験しませんか?

ohno_img

数学について①

さて、今回は数学について。

私Pがなぜ数学が好きなのかについて綴っていこうとおもいます。

(まぁ、特に需要はないと思いますが一応Pの過去初公開という体で書き進めていきます。)

さて、Pはというと小学校の頃から算数はだいの苦手で、どちらかといえば文章題なんか

読んでも解けないから最初から取り掛かりもしない

いわば、算数大嫌いヤル気無し太郎でした。

(数字を見ると保健室に行くくらいの拒絶反応がありました。)

さて、そんな算数嫌いなPが中学に入学して

算数⇒数学に変わったから少しは出来るようになるんじゃないか?となんとも安易に考えて

いる生徒でした。

案の定、中学1年で学ぶ正負の計算から訳ワカメ(古いですね。。。)わけが分からなくなりました。

なんでマイナスとマイナス掛け算したらプラスなの?

え、絶対値って何?

なんでも理由を知りたがったPは理由や理屈が説明されない数学という科目は本当に面白くありませんでした。

そして、気づいたときには中学3年生、計算の類⇒怪しい 関数の類⇒意味不明  図形⇒理解不能

という三重苦の受験生ができあがったのです。

それでも受験生ですから、自分の進路を考え、決定しなければなりません。

自分で高校を調べていく上で高校に入ると、文系と理系に分かれるということをしりました。

(いまでは、高校1年から分かれるところもあるみたいですが、私の時代はほとんど2年生から分かれていました)

数学大嫌いヤル気無し太郎のPは絶対文系だなと心に決め、高校を探していました。

そのとき、当時Pが通っていた塾で英語を教えてくれていた先生がとあることを私にいいました。

その言葉がPの人生を変えることになるんです。

それはまた次の回で!

P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05