学心塾 旭校

asahi_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市河内517-6
電話
0463-34-5962

cpt_mail

 

 地域密着型進学塾の使命として、「解けるまで徹底的に!」をモットーに集団授業(知識の定着)→個別演習(反復練習)→指名補習(できるまで指導)と一人一人をしっかりサポートしてきます。解けることの楽しさ・喜びを私たち旭校の講師と一緒に体験しませんか?

ohno_img

ちょっと理科的♪

今日から中1にあたらしく体験生が来ました!!

とても明るくていい子達です。

数学も英語も冬期講習前に真剣に聞いていました。

これから冬期講習への足がかりになればいいと思います!!

さて、ここからはちょっと理科的な実験器具をPが自宅から

持ってきたのでお見せします。

IMG_20131218_230243

 

 

 

 

 

 

いっけんガラスに入っている砂時計のように見えますが

中身は液体です。

IMG_20131218_230313

 

 

 

 

 

 

 

 

下の液体が入っている部分を握ってあげると、あら不思議!!!

IMG_20131218_230352

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとすべて上に上がるんですね!!

ちなみにひっくり返しても落ちてはきませんよ?

IMG_20131218_231953

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20131218_231937

 

 

 

 

 

 

 

 

ね?

実はこれはちゃんと理科の考え方を使って作られている

実はモニュメントなんです。(要するに置物)

下の部分を握ってあげると

中の空気が暖められて、空気が膨張し、下の部分の気圧が大きくなるので

液体がその場に留まれなくなって上の部分に追いやられるのです。

ですから、小さいほうの(上の部分のほうが小さく作られている)ガラスの

周りを暖めてもあがっては行きません。(もともと存在する空気の量が違うため)

これを見て、小4の生徒も面白がっていました。

そして、今日の中1も、中2も・・・

受験間際の中3も。笑

理科の知識で解説できていたのは中2と中3だけでしたけど

目に見えて空気が膨張しているなどが分かると楽しいですよね

たまにはこんな実験器具を混ぜながら授業の導入なり、小学生への理科への

興味を持たせることなんかもしています

 

面白がる⇒なぜそうなる⇒考えて解決する

最初の一歩はなんでもいいんです。

すこしでも興味が湧いたなら

勉強する取っ掛かりにはなるはずです。

 

Pでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05