NEWS

news_mainv

音読学習のすすめ

0488

勉強方法はいろいろあります。

よく「勉強は静かにやるものだ。」という意見を聞きます。集中して取り組むためには正解の方法です。特に“じっくりと考えて解答を導く科目”には静かに学習したほうが良いと思います。でも、声を出した方が学習効果が高い科目があります。特に国語がそうでしょうか。読解問題を解くときに、音読で読む訓練をした方が黙読で解くよりも効果的な学習ができます。特に小学生ほど好ましい方法と言えます。

音読は、テストのときや、自習室などまわりに人がいるときはできない方法です。ですから、家庭で学習するときなどは是非実践してみてください。

そして、保護者様も時間があるときはお子様が音読している様子を聞いてあげてください。お子様の音読を聞いていると、理解して読んでいるのか、理解が出来ていないのかすぐに見つけることができると思います。読んでいて、区切りが不自然な時は、文章の意味を理解せずに読んでいるといっていいでしょう。子どもたちは多くの場合、語句の意味が理解できていないときはおかしな区切りになります。そんな時は語句の意味を理解させていく必要があります。

最近の子どもたちは語彙力が低いので文章を理解せずに読み進めていることが多々あります。これが本は読んでいるけれど読解力が上がらない理由です。読解力を上げるためにもお時間があればお子様の音読を聞いてあげてください。そして、不自然な箇所があれば語句を理解できていない可能性が高いので、語句の意味を学習させるようにすることが必要です。

また、読解問題でも音読することで、問題の内容を正確に読み取ることができるようになります。よくテストなどで丁寧に読むと時間が足りないので流し読みをする生徒がいます。しかし、正確に読み取ることができなければ正確に解くことができず、結果的に解くための時間が必要になってしまいます。ですから日ごろから音読をして、問題を読み取ることができる訓練をしたほうが良いです。

音読学習は国語だけではなく、すべての科目の学習に応用できる学習方法です。ぜひ実践してみてください。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05