NEWS

news_mainv

講師コラム「週刊少年ジャンプで日本史を学ぶ」 その2 【大井松田校 伊藤K】

DSC_0324

「るろうに剣心」 映画 絶賛公開中!!

 

というわけで、むかし週刊少年ジャンプに連載された「るろうに剣心」を例にして、日本史の勉強をしているわけですが、

江戸と明治のさかいめが1868年だ、というのはOKですか?

では、つづきです。

 

剣心が加わった「明治チーム」が、「江戸幕府チーム」を、1年半かかった戦いで全滅させました。

1868年1月、明治チームが江戸幕府チームを、京都「鳥羽・伏見の戦い」で打ち破ってから、

江戸チームは京都→山梨→栃木→福島と、東へ北へと追いつめられ、最後は北海道の函館で負けて、降参しました。1869年の5月のことでした。

この、江戸チームが完全に負けた1年半の戦いを、全部ひっくるめて「戊辰戦争(ぼしんせんそう)」と言います。 これはテストに出やすいですよ!

そして剣心は、人を切り殺すことをやめて、明治の人々の平和のために「切れない、殺さない剣」を持とうと決めたのです。

そんな剣心の活躍もあって、明治時代が始まりました。

--------------------------------

で、ここからが一番大事なのですが、江戸幕府チーム明治チームの、「歴史でよく出てくる人物」を並べていきます。

<剣心と同じチームで、明治の新しい時代を作ろうとした人>

●戦い無しで平和に作ろうとした→ 坂本龍馬・・・明治になる前に、剣心ではない人に暗殺される。

●戦って相手をつぶして作った→ 西郷隆盛、桂小五郎(=木戸孝允・きどたかよし)

●戦っていないが明治の中心→ 明治天皇

●明治チームの作戦担当、外国出張の団長→ 岩倉具視(ともみ・男)

●敵チームのサムライを次から次に暗殺した→ 緋村剣心 (明治に入ってからは単独行動。暗殺もやめた。)

 

<敗れて滅びた江戸幕府チームの人>

▼江戸幕府の最後の将軍→ 徳川慶喜(よしのぶ)・・・明治時代は一般人として過ごした。

▼江戸幕府の最後の偉い人→ 勝 海舟(かつ かいしゅう)・・・戦いで江戸(東京)の町が消えてしまうのを阻止した。 明治時代も政治家として活躍。

▼幕府を守った新撰組の斉藤一 → 戊辰戦争で負けて降参。 新撰組は消滅。 斉藤は数年後に警察官になって明治政府のために活躍。

江戸時代にサムライだった人たち→ 明治には刀を持つことを禁止され、「士族」と呼ばれ、えらい立場ではなくなって、職を失う人がたくさん出た。

 

以上、教科書に出てくる重要人物をあげてみました。

「るろ剣」に出てくる人は、木戸、斉藤ぐらいですが、実際の出来事とリンクしている話もあるので、機会があったらぜひ読んでみてください。

あ、でも漫画よりも先に、学校の「読書感想文」を先に終わらせちゃいましょうね(笑)

 

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05