NEWS

news_mainv

講師コラム ≪旭校講師:海鋒≫

DSC00828

みなさん、こんにちは。

旭校で主に小学生の算数、中学生の数学・理科・英語を教えている

海鋒「かいほこ」と申します。よろしくお願いします。

さて、皆さん「努力」という言葉が皆さんにとってどんな意味を持っていますか。

物事を毎日毎日コツコツやる努力。

習い事やスポーツが上手くなりたい一心で積まれる努力。

中には、テストや課題を提示され、それを突破するために勉強する努力。

人それぞれに色々な努力があると思います。

そのどれもが間違っているとはいいませんが、私はなにぶん理系の人間なので

全て抽象的なことだと思っています。

努力をしたからといって100%報われるわけではありませんし、かといって

努力を全くしないというわけにもいきません。

では、具体的な努力とは一体何を指すのでしょうか。

私の好きな言葉の一つに「継続は力なり」という言葉があります。

なぜ、この言葉が好きか。それは、具体的に数で表すと分かるからです。

ここに、努力を毎日しない人がいるとします。この人を1としましょう。

逆に、ほんの少しでも毎日努力をする人を1.01とでも表しましょうか

数学には数の累乗という仕組みがあり、同じ数をかけ算することを、その数の累乗といいます。

(例:1を2回かけると1の2乗、100回かけると1の100乗です)

1年は365日なので、1日を1乗だと考えてください。

さて、努力をしない人は1なので1の365乗は何回かけても1です。

要するに、現状維持のままの人間です。減りも、増えもしないのです。

ところが、毎日少しずつでも努力をする人間の1.01。

この数の365乗はおよそ37.8にまで増大します。

数でみればたった0.01でも、毎日続けるとここまで大きくなるのです。

だから、毎日努力すれば必ず自分の力になります。

私が書いた計算で一目瞭然でしょう。

どんなに些細なことでもいいです、何もしないというのが一番良くありません。

少しでも努力をし、それを出来るだけ継続させていくこと。

それが具体的な努力とは何かという、私が考える答えです。

少しでも前へ。一緒に学んで、努力していきましょう!

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05