NEWS

news_mainv

本当にわかっている?

「本当にわかっている?」

小学生や中1に多いが、答えがわかると「そっかぁ」とか「わかったぁ」っていう子がいる。大切なのは答えよりも解き方なのだが、それがわかっていない。答えがわかれば先に進めると思い「わかったぁ」と言う。こういうタイプは、そのままにしておくと伸びない。

このように理解していないのに「わかったぁ」という子は大体決まった生徒なので、わざと「本当にわかっている?」といって数字を変えたり、問い方を変えたりして確認をする。

そうすると案の定解けない。

「教わる⇒わかった⇒問題を解く⇒解けない⇒教わる⇒わかった⇒問題を解く⇒解けない」これを繰り返すと、最終的には反復しているので解けるようにはなるが、高い意識をもって取り組むことができたのならば、「もっと短時間に理解できるようになるのに・・・」と思う生徒は少なくない。やはり生徒にはより効率的な学習方法を身につけてほしいと思っている。

だから、何も考えず「わからない」という生徒も心配だが、わかっていないのに「わかった」という生徒も心配になる。

塾講師ならばこの状態を見抜くことは簡単なことだし、注意することも当たり前のこと。でも注意しているだけでは子どもは何も成長しない。だから、勉強を教えることよりも「何のために勉強するのか」を教えることを重要している。ここがわかっていないから勉強に対して真剣になれていないから。

普段の講義ではこの点を意識した授業を心掛けている。自分で学習できる生徒は、通信教材でも通用するかもしれない。けれど、塾に通っていただいているメリットは人が介していること。

ただ勉強を教えるだけではなく、勉強に取り組む意義のようなものも含めて指導できることが塾のいいところ。勉強だけではなく、何のために勉強するのかという気持ちを育てることが今はとても大切だと思います。

  • side_02
  • side_03
  • side_05