NEWS

news_mainv

新年度を迎え、学心生のみなさまへ

0010

春期講習も始まり、各教室では新入塾生が増えたこともあり、活気あふれるこの季節です。

新学年を迎えるにあたり、みなに意識してほしいことがあります。

新中学3年生
いよいよ受験の年です。この1年間の行動・努力において、今後の自分の進路が決まる大切な年です。内申は、2学期の成績が高校の選抜資料になりますが、例年、1学期と2学期ではあまり成績の変動がないという傾向がみられます。だからこそ、1学期が最も重要な学期であるともいえます。まだ、先のことなんて考えているとあっという間に高校入試になります。1日1日を大切に過ごしてください。

新中学2年生
学年末の成績は高校の選抜資料として使われます。学年末の評価は1年間の総合評価で成績がつくので、1学期から気は抜けません。ただ、この時期は、ちょうど中学生活にも慣れ、いろいろなことへの興味関心が高まり、しっかりとした意思が必要となります。勉強面においても、「高校入試はまだ先のことだから」と考えがちですが、そんなことはありません。ある意味、2年生での勉強の努力において、ほとんど高校が決まってしまうと思ってください。

新中学1年生
中学生活に期待や不安などがあると思いますが、いろいろなことに一生懸命努力していけば、必ず楽しい中学生活が送れるはずです。小学生のときとは生活がだいぶ変わると思いますが、早く中学生活に慣れ、勉強面に関しては、これから1年間でいろいろ工夫をし、自分の勉強スタイルを確立してください。特に部活動に入る人は、部活と勉強の両立が最も難しいと思いますが、きつい運動部にいながら、学年トップクラスの成績を持っている先輩もたくさんいます。とにかく、自分の努力次第なのでがんばってください。

小学生
今、一生懸命勉強することは、中学に入ってからや、将来、必ず自分の役に立ちます。特に、小学生のうちにできるようにしたいことは、算数の計算、国語の読み書き・漢字、アルファベットやローマ字です。あと、最も大切なことは家庭学習の習慣を身につけることです。学習の習慣が身に付けば中学に入ってからも余裕を持って取り組めるはずです。

いまさら、特別なことなどなく、最終的には当たり前のことを当たり前にやれた人が、成績を大きく伸ばします。新年度も一年間頑張りましょう。

  • side_02
  • side_03
  • side_05