NEWS

news_mainv

教室長コラム《学心塾大磯校:挑戦》

長谷川①

こんにちは。学心塾大磯校の教室長を務めさせて頂いている長谷川です。

大磯校がバナーに掲げている二字熟語は「挑戦」。

「挑戦すれば、成功もあれば失敗もあります。でも挑戦せずして成功はありません。何度も言いますが挑戦しないことには始まらないのです。」

誰の言葉が知っていますか。野球が好きな人なら,きっと誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。日本の野球の歴史に今後名を残し続けるであろう名投手,野茂英雄投手の言葉です。今でこそ,日本人選手が海を渡ってメジャーリーグで活躍する姿をよく目にするようになりましたが,今からおよそ20年前,それは全く信じられない,まるで夢物語のような世界でした。ここで彼の記録を少しご紹介します。

 

◆オリンピックでの銀メダル獲得に貢献!

◆プロ野球ドラフト会議での8球団同時指名!

◆初勝利の試合にて一試合奪三振記録の日本タイ!

◆入団一年目にMVP、沢村賞、新人王、最多奪三振、最優秀防御率、最多勝利といった主要タイトルを獲得!

◆新人時代からの4年連続パリーグの奪三振王と最多勝受賞(4年連続最多勝はプロ野球史上唯一)!

◆メジャーリーグ挑戦がほぼ行われていなかった時代に世間を巻き込んでのメジャーリーグ移籍!

◆メジャーリーグでも新人王、最多奪三振、先発投手としてのオールスター出場、二度のノーヒットノーランなどを獲得!

◆日米通算で200勝突破!

 

上記の通り、野茂投手は様々な偉大なる記録を残しています。

1994年のオフ,彼がメジャーリーグに挑戦すると言ったとき,『愚かな頑固者』『バカも休み休み言え』『とうとう気が狂ったか』などと,野球関係者が口を揃えて言いました。しかしその後,世間に叩かれながらもメジャーリーグに挑戦し、見事成功を収めました。 彼の成功がなければ、数多くの日本人選手が,メジャーリーグで今日のように活躍することはなかったであろうことは、多くの方に共感してもらえるのではないでしょうか。

野茂投手がメジャーリーグに挑戦したとき、その活躍をニュースで目にしながら、かなり興奮したのを今でも覚えています。

「挑戦しないことには何も始まらない。」

子どもたちを,そして何よりも自分自身を鼓舞するために,心に深く刻み込ませている言葉,それが「挑戦」です。

日々信じて突き進みます。

ohiso_mainv

  • side_02
  • side_03
  • side_05