NEWS

news_mainv

教えてもらうだけで成績は伸びるのでしょうか?

学校でも、多く学習塾でも授業は「教える」ことがメインです。

多くの先生方は教えることが好きだから先生になりました。だから、生徒を教えることに情熱を持って取り組みます。

しかし、どんなに情熱を持って教えても、いくら丁寧に教えても、成績を伸ばすことができないことがあります。

 

例えば、スポーツの指導に目を向けてください。

強い野球部の練習を見た時、生徒が先生に教わっている時間と、生徒自身がトレーニングしている時間、どちらが長いでしょうか。

生徒はひたすら素振りやスライディング、キャッチボールなどのトレーニングに時間を費やしているはずです。

先生はそのトレーニングの合間に的確な指導をしています。

スポーツの指導者は、「トレーニングすることを指導している」と言っても過言ではないでしょう。

指導されたトレーニングを地道に継続して初めて、上手にピッチングやバッティングができるようになるのです。

 

だから学心塾では、敢えて教える時間を削ってでも、生徒が自らの力で問題を解く(すなわちトレーニングをする)時間を設けています。

私たちは生徒たちにトレーニングさせることも、重要な指導の一つだと考えています。

この授業が「個別課題学習」の時間です。

 

学心塾の指導は、学習指導三本柱、

的を獲たLive講義『集団一斉授業』

集団一斉授業

トレーニングをするための『個別課題学習』

個別課題学習

わかるまで面倒をみる『指名学習』 で、生徒をフォローします。

指名学習
キャプチャ

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05