NEWS

news_mainv

夏休みのライバルに差をつけるチャンスです。計画は早めに考えましょう!

 

 

もうすぐ待ちに待った夏休み!しかし、夏休みといっても勉強から解放されるわけではありません。

一か月以上あるこの期間を、どう過ごすかで学力に大きな差がつきます。特に、今学期テストで結果が出せなかった生徒は、新学期に挽回するためのチャンスの時期です。学習計画をしっかりとたてて学力アップを目指しましょう。

夏休みは長いので、どうしても前半は遊びが優先になりがちです。その流れを放置しておくと、気が付いたら「夏休みもあとわずか…。」ということになりかねません。

夏休みは「楽しい、楽しい」であっという間に過ぎ去っていきます。だからこそ、しっかりとした計画を夏休み前にたてないと、ライバルに置いていかれます

では、夏休みの計画とはどのように立てればよいのでしょうか?

まず、学校の行事、習い事、塾、部活動や登校日がいつあるのかをカレンダーに書き入れてみてください。さらに、夏休みですから、旅行などの楽しいイベントも欠かせません。

ここで、どの時期に余裕があるのかを夏休み全体で確認しましょう。

次に勉強の計画も立てます

やるべきことは、

「学校の宿題」

「苦手科目の復習」

二期制の中学ならば、「期末試験に向けた準備」

受験生なら、「中1、中2の復習」などでしょうか。ここは新学期の予習は個人では計画に入れなくていいと思います。復習ならば、何を学習すべきなのかは、多少でも意識がある子であれば分かると思いますが、予習はそうはいきません。個人で予習することはとても大変でしょうから、塾に任せてください。

また、一日単位の計画も考えましょう。

「どの時間帯に学習するのか?」

「塾はどの時間帯にあるのか?」などです。

大切なのはどの時間帯が一番誘惑がなく、集中できる時間帯なのかです。日程表をつくる際はこれを頭に置いて作成してください。

そして、大切なのは「ゆとりがある計画にすること」と「実効性がある計画にすること」です。

これは、夏休みの計画だけではないですが、無理な計画をたてて続かないようでは意味がないですし、塾の自習室を利用するなど、ある程度ペースメーカー的な要素がないと実行できない可能性があります。

しっかりとした計画を立てることで、自信の持てる新学期へと繋がるはずです。

  • side_02
  • side_03
  • side_05