NEWS

news_mainv

受験生応援特集⑨ ~ 学心塾大磯校・田村校 小澤 ~

こんにちは、公立入試まであと5日になりましたね。

そして、今日は私立高校入試の子も多いと思います。

会場模試やファイナルゼミと違って本番は緊張しますよね。

なので、僕からも少しアドバイスを。

結論から言ってしまえば「普段通り」「考え方を変える」「焦らない」が大事だと思います。

【普段通り】

よく「頭が冴えるのは起きてから3時間後」と言われてますよね、

ということは当日は朝6時に起きなければならないわけです。

このことについて否定する気は全くありません、寝起きで集中できるわけないですからね。

僕個人はいつも起きている時間でいいんじゃないかなと思います。

例えば、いつも学校に行くとき、家をでる40分前に起きているのであれば

入試当日も家をでる40分前に起きれば良いと思います。

普段通りの生活リズムをできるだけ崩さないほうが良いと思います。

焦らず余裕を持って支度ができる時間を計算して起きましょうね。

いつもギリギリだから入試当日もギリギリだけはさすがにやめましょう。

【考え方を変える】

さて、受験校に着いて自分の座席に座ります。

試験が始まるまでの時間にいろいろなことを考えてしまいます。

例えば

「みんな勉強できそうだ。。。」

「難しい問題が出たらどうしよう。。。」

「失敗したらどうしよう。。。」

そんな考えが浮かんできてしまったら、いったん顔をあげて深呼吸してから周りを見渡してみましょう。

で、考え方を変えてみましょう

「この教室が4月から通う教室か、この中の子と同じクラスになるのかな」

「難しい問題が出たらきっと皆もわからないんだろうな」

「いつも通りやれば大丈夫だろ!」

前向きにポジティブに考えましょう。

むしろ、虚勢でも強がりでも何でもいいので

とにかく自分に言い聞かせましょう。

【焦らない】

試験中は焦らない。これが一番大事だと思います。

人間、焦って良いことなんてひとつもありません。

焦って家を出る⇒受験票を忘れる、筆箱も忘れた!

焦って電車に乗る⇒逆方向に乗っちゃった、あれなんか景色違う。。。

焦って席に座る⇒座席を間違える、ちょっと恥ずかしい。。。

焦って解答する⇒あっ名前書いてな・・・。

ほら、ろくなことない!

・・・話を戻しますね、

試験中は決して焦らない!

問題をしっかり読む、聞かれていることを確認する、

符号ミス、計算ミスをしない、マークシートはきちんとぬる

いつも塾でやっていたこと、先生に言われていたことを

普段通りにやれば大丈夫です。

見たこともない問題が出てきたら?

君たちが見たこともない問題ならば他の子たちも見たことはないはずですし、

今まで頑張ってきた君たちが解けない問題であれば他の子たちも

解けるわけがありません。気にしない、引きずらない、考え方を変えましょう。

それでも中学生ですから頭が真っ白になったり、不安になったり

緊張するのが当たり前です。

そんなときはこの言葉を思い出してみて下さいね。

「焦ったら負け!」

 

小澤

 

 

 

 

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05