NEWS

news_mainv

具体的に何問解ければ合格するのかイメージせよ!

SN3S0234

先週の金曜日倍率が発表され、「志望校に受かるか不安・・・」という気持ちの生徒もたくさんいます。

特にボーダーラインに彷徨っている子は、今までに経験したことのないプレッシャーがかかってきているでしょう。

そんな受験生はあと何点とれば合格できるのかイメージしてください。

20点?30点?

2年前までの制度だと、この時期に30点足りないことは致命的でした。

なにせ、一問につき1点の問題が多かったので、30点の逆転は現実的な目標にはなりませんでした。

でも、現状の選抜制度なら30点分の逆転は可能です。

30点ならば、1科目あたり6点。

問題数なら、たったの2問分です。記述問題なら、6点や10点の問題だってあります。

簡単に言えば、「1科目につき1問から2問ずつ頑張れば、志望校に合格できる。」

ボーダーライン上にいる生徒はどうしても不安になります。

具体的に何問とければ合格できるのかをイメージし、これからの短い期間に何を勉強すればよいのかを具体化することが、不安を払拭することにつながっていきます。

  • side_02
  • side_03
  • side_05