NEWS

news_mainv

個を重視する課題演習

IMG_1365

学心塾は「わかった‼」よりも「解けた‼‼」を重視。新年度は“個を重視する演習”を充実させます。<テキスト→プリント>と,練習するにも段階を経させ、まずはテキストによるオーソドックス且つ標準的なレベルの問題に取り組ませ,それにより一定の基礎力がついたと判断できる段階で実戦的な問題,過去問演習の時間を取ります。適宜小テストを織り交ぜつつ…。

元来、塾といえば、受動的な学習が多く、なかなか能動的な学習が疎かになりがち。そこで、学心塾は塾生主体。必要とされる演習問題の質も量も塾生それぞれ異なり、徹底的に「個を重視する演習」を行う。

そんな演習中,机間巡視をしていると…

全く問題にに取り組めるレベルではない生徒も…

現時点におけるそれぞれの課題に気づかせるため,どの問題を解けばよいかを指示し、生徒には、まだまだ基礎練習が足りないことに自覚させます。そして,ここから先の解決策は自分自身で考えさます。

得点力向上のカギは演習にあります。だから取り組ませ方が大事。ただ「問題を解け」の一辺倒では力はつかないし,そんなことは誰でも指示できます。そうではなく,「なぜ演習するのか」「どのようにして演習するのか」を明確にし,確かな意図に基づいた指示出しこそが、学心塾の指導の根幹です。

  • side_02
  • side_03
  • side_05