NEWS

news_mainv

中1英語の落とし穴

中1の英語には落とし穴があることにお気づきですか?

中1の英語は初めて教科として学習することもあり、これまでは英語への興味付けということが、授業の中心でした。そのため簡単な文型の繰り返しばかりで、かえって英語がつまらないと感じる生徒も少なくありません。どちらかというと英語ができる生徒ほど、この傾向が強いものです。

そこで学校をはなれた学習をすることも一つの方法です。学校の教科書は文法ごとにまとまって出てきません。そこで、塾の教材ならば文法ごとに記載していますので、文法ごとの学習で先取の予習ができます。

また、英検5級の問題集を解くのも良いかもしれません。英検は基本的な問題が主であり、単語力があれば文法をまだ学んでいないとしても解くことができる問題がたくさんあります。

次に英語がすでに苦手な人たち。9月からは内容的にも難しく、さらに複雑になります。その時にあわてないように、これまでに習ったことは夏休み中にシッカリと復習してください。先ほど書きましたが、ここまでの中1英語の学習内容は微々たるものです。まだ学習した単語も数がしれていますし、英文もやさしいです。そこで、何度も発音練習をし暗唱する気持ちで取り組みましょう。

こうした学習ができるのは、中1の夏休み前までです。とにかく一つのモレもないように完璧な復習をしておいてください。

さらに予習として単語だけでも先のレッスンまで学習しておくと夏休み以降スムーズに入ることが出来、苦手意識の解消に繋がります。英語はコツコツ努力した生徒が伸びる科目です。中1の今のうちにコツコツ学習する方法を身につけてください。

夏期(青)

  • side_02
  • side_03
  • side_05