NEWS

news_mainv

中間テストに向けて~各科目の勉強法~《国語:渋沢校 山本先生》

0194

国語は成果がでるまで時間がかかる教科です。

そのためには毎日の積み重ねが大事にな ってきます。そして定期テストでは「いかに学校の授業を大事にし、授業内容が理解で           きているか」が問われます。

したがって、国語では以下の点に留意してテスト勉強を進めていきましょう。

①テスト範囲で告知された漢字語句・文法の徹底練習
これは確実な得点源です。必ず学校で発表されたもの(プリントやドリル)を何度も練習しましょう。漢字では絶対満点を取ること!!

②テスト範囲の文章は何度も読む
⇒読解力を上げる為に欠かせないことは「読む」ことです。問題の答えが的外れであったり、解答欄が空白になっていませんか?それは読解力不足からくるもの。普段から読書をする習慣がなくても教科書範囲の文章だけは何度も読みましょう。ポイントは読むことをメインの勉強にするのではなく、合間の時間を作って何度も読むことです。

③学校ワークと塾テキストの反復練習
⇒その単元の問題を解くことで、どういう問題が出るのか傾向が分かってきます。問題として扱われる部分はどの問題集でもほぼ同じなのです。また、答えのイメージが浮かばないから国語が苦手だということはないですか?文章題には答えのヒントが必ず本文内に隠されています。いや答えが載っているといってもいいでしょう。
もし答えが分からなくても、解答を見てどこの部分が答えになっているのかをチェックすることがとても大事です。

④条件作文力を身につけろ
⇒最近では入試を見据えた出題が多くなってきています。自分でどうしたらよいかわからない場合は、塾の先生に書いたものを添削してもらいましょう。書く練習を何度も繰り返すことが点数アップにつながっていきます。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05