NEWS

news_mainv

せっかく時間が取りやすい夏休みなのだから

IMG_2480

夏休みの学習内容で大切なのは、学年にもより変わりますが、全学年に共通な内容は「弱点を補強する」ことです。

たびたび保護者様からも、生徒たちからも、「得意科目を伸ばした方がよいですか?」や「苦手科目を克服した方がよいですか?」という質問をいただきます。どっちが良いということはなく、ベストな答えは「両方」。だが、あえてどっちがと言えば、経験上は夏休みならば苦手科目を克服した方がよい。

得意科目を伸ばす学習を中心に行った生徒は夏休み明けのテストで、点数を大きく伸ばす可能性があります。ですが、失敗する可能性も高い。当たりはずれの大きい結果に陥りやすい。学習した内容が多く出れば良いですが、そうならない可能生もある。

逆に苦手科目を学習する人は、大崩れする可能性が低くなります。

なおかつ得意科目の場合は試験前に短期間に集中して学習することもできます。

せっかく時間が取りやすい夏休みなのだから、時間がかかる苦手科目の勉強に時間を割くのがよいのではないでしょうか?

なにしろ夏休みはある程度のスパンで計画的に学習が可能です。冬休みでは取り戻すことはできなくても、夏休みならば十分期間があり、遅れを取り戻し苦手を克服するチャンスです。計画的な学習プランを夏休み前に考えてみてください。

でも、立派な計画プランを立てても実効出来なければ意味なありません。よく、「予定は立てたけど、ついつい遊びに夢中になってしうまう・・・」なんてこと聞きます。そこで、ある程度は学習できる環境を整えることも大切です。

学心塾は全教室で自習室を完備しています。

私語をしないや、飲食をしないなど当たり前のルールを守っていただければ、塾生、講習生の誰もが自習室を利用できます。

自習室などを活用して夏休みに苦手克服を目指してください。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05